• AWSのクラウドデータベースを利用してコスト削減

    • 従来のデーターベースのラックを借り受けホスティングサービスを実施して、インターネット通販等のサイトを立ち上げる場合WEBサーバー等も必要ですが、ミッションクリティカルな位置にあるデーターベース・サーバーも必要とされるのが一般的でした。
      このデーターベース・サーバーには販売したい商品やサービスの情報に加えて、顧客情報等の重要な情報も格納されるでしょう。

      しかしデータベース・サーバーの構築は重要であるが故に十分なパフォーマンスを得られる様にするには、負荷耐久テスト等の様々なテストを行います。



      そして、サービススタートをする迄にはある程度の時間は必要不可欠です。



      その様な中でクラウドコンピューティングが流行りだし、アメリカ企業で日本にも拠点を持つ大手通販サイトの経営を生業としていた企業でも、アマゾンウェブサービスがスタートしました。



      アマゾンウェブサービスは一般的にAWSと略され、AWSにはクラウドデータベースというサービスがあります。



      このAWSのクラウドデータベースというのは、大手データベース管理システムを提供するものからオープンソース系のデーターベースまでの連携を可能にする、クラウドタイプのデーターベースなので、コスト削減にも貢献するでしょう。



      またデーターベースの複製を別途作成し、同期するレプリケーションの使用も容易であり、アベイラビリティやリライアビリティの向上も見込めます。



      更に言えばAWSのクラウドデータベースでは、何らかの原因でトラブルが起きた場合のフェイルオーバーも自動的に行なわれるので、可及的速やかにデーターベースを通常の状態に戻せるというメリットがあります。

  • 関連リンク

    • AWSのクラウドデータベースは様々な場面に対応可能

      2006年頃から大手検索サイトでありながら、現在もクラウドサービスも行っている最高経営責任者から提唱されたのが、クラウドコンピューティングの始まりであると解釈されています。そして最初はSaaSというグループウエアや顧客関係管理システム・ソフトウエア等のアプリケーションのみを提供するサービスがありました。...

    • AWSのクラウドデータベースを利用してコスト削減

      従来のデーターベースのラックを借り受けホスティングサービスを実施して、インターネット通販等のサイトを立ち上げる場合WEBサーバー等も必要ですが、ミッションクリティカルな位置にあるデーターベース・サーバーも必要とされるのが一般的でした。このデーターベース・サーバーには販売したい商品やサービスの情報に加えて、顧客情報等の重要な情報も格納されるでしょう。...