• AWSとクラウドデータベース

    • AWSはアマゾンが提供する、総合的なクラウドサービスで、その一つであるクラウドデータベースは、高速性と安定した性能を維持します。



      クラウドは、Webビジネスに欠かせない存在ですし、これ無しでビジネスは成り立ちませんから、問題はクラウドサービスの選び方で、コストとバランスの取れるAWSが選ばれます。



      AWSなら、顧客のニーズに応えられる潜在能力が有り、ビジネスが拡大し発展しても、柔軟に対応する事が出来ます。

      また、クラウドデータベースとの相性が良く、既存のデータベースから乗り換える事が簡単なのも、評価される重要なポイントです。クラウドデータベースは、ECサイトの利用に限りませんし、研究目的や、高度な計算分野でも、膨大な記憶能力と冗長性、それに応答性能が利用出来ます。



      AWSのクラウドデータベースは、他のデータベースと同様に、使いこなす技術は必要ですが、ハードウェアを構築する手間が無くなる事が、これまでと大きく違う点です。

      膨大なアクセスを想定しているAWSは、クラウドデータベースも集中的なアクセスに耐える、強力で仮想的な環境を構築可能です。



      つまり、大規模なビジネスにも耐えうるので、使い方は制限されず、ゲームから医療まで分野を限定しないで貢献しています。



      実績の有るクラウドと、製品ファミリーに含まれるデータベースは、大手企業や個人に選ばれ、実用性と研究用途の二面性を備えます。



      贅沢な環境を、予算に応じて選べる事も、幅広く選ばれている理由です。

  • 関連リンク

    • AWSのクラウドデータベースは様々な場面に対応可能

      2006年頃から大手検索サイトでありながら、現在もクラウドサービスも行っている最高経営責任者から提唱されたのが、クラウドコンピューティングの始まりであると解釈されています。そして最初はSaaSというグループウエアや顧客関係管理システム・ソフトウエア等のアプリケーションのみを提供するサービスがありました。...

    • AWSのクラウドデータベースを冗長化し天災に備える

      データーセンターという所はいわばコンピューターやルーター等のネットワーク機器等を置くIT機器専用マンションともいうべき場所であり、一般的には免震対策や異なる2箇所以上の変電所から動力供給がなされています。しかし万が一、一箇所のデーターセンターにあるサーバー等の機材が予想を超えた地震災害等の影響を受けたら、必要なデーターのリカバリーが必要になります。...