• AWSのクラウドデータベースは様々な場面に対応可能

    • 2006年頃から大手検索サイトでありながら、現在もクラウドサービスも行っている最高経営責任者から提唱されたのが、クラウドコンピューティングの始まりであると解釈されています。



      そして最初はSaaSというグループウエアや顧客関係管理システム・ソフトウエア等のアプリケーションのみを提供するサービスがありました。



      また、PaaSというデーターベース管理ソフトやインフラストラクチャ等の開発ツール等を、月に使った分だけ徴収するというモデルが現れました。



      その中には大手のインターネット通販サイトを、日本だけでは無く世界レベルでイギリスやフランス等世界で10カ国以上を手掛け、更にはAWSというPaaSタイプのクラウドデータベースを使用した製品も登場してきたのです。

      この企業にはAWSというクラウドデータベースが、基本になると言えるかも知れません。



      AWSというクラウドデータベースには、様々なサービスがありますが、その内の幾つか見て行きましょう。



      一つ目は標準的なリレーショナルデーターベースで、商用データベースの最大手と言われる企業の製品から、比較的メジャーなオープンソース系のデータベース等がサポートされています。
      したがって、低コストを魅力にAWSのクラウドデータベースに移行するという場合でも、ほとんど工数は掛からないので利便性はあると言えるかも知れません。



      二つ目としては、NoSQLと言われる従来のリレーショナルデータベースとは、データーの格納を最適化かつ最小限に留めるという特徴があり、現在ビッグデーターと言われるタイプの大規模なデータ解析に使用される事があります。

      そして当該のAWSのクラウドデータベースとしても、NoSQLタイプの製品が用意されているので、利用して見る価値はあるでしょう。

  • 関連リンク

    • AWSのクラウドデータベースを冗長化し天災に備える

      データーセンターという所はいわばコンピューターやルーター等のネットワーク機器等を置くIT機器専用マンションともいうべき場所であり、一般的には免震対策や異なる2箇所以上の変電所から動力供給がなされています。しかし万が一、一箇所のデーターセンターにあるサーバー等の機材が予想を超えた地震災害等の影響を受けたら、必要なデーターのリカバリーが必要になります。...

    • AWSとクラウドデータベース

      AWSはアマゾンが提供する、総合的なクラウドサービスで、その一つであるクラウドデータベースは、高速性と安定した性能を維持します。クラウドは、Webビジネスに欠かせない存在ですし、これ無しでビジネスは成り立ちませんから、問題はクラウドサービスの選び方で、コストとバランスの取れるAWSが選ばれます。...